空を眺めると丸い光の点と点を線で結び、ミミズが這った様な模様浮かんで うほ速

基本的に宇宙やばい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

空を眺めると丸い光の点と点を線で結び、ミミズが這った様な模様浮かんで


marinko651さん
最近見え出したのですが、空を眺めると丸い光の点と点を線で結び、ミミズが這った様な模様浮かんでて、目で追っても横に流れて消えてしまいます。また眺めてると同じ模様が浮んで見えて、また横に流れていきます。その日によって形は変わります。最近は家の中でも見えるようになりました。姉に話したら私も見えるけど何だろうと言っていました。同じようなもの見える人はいますか??
質問日時:2010/4/12 01:46:11
解決日時:2010/4/12 11:45:36
回答数:4お礼:知恵コイン25枚
閲覧数:55()

ベストアンサーに選ばれた回答
alakamuさん
おたまじゃくしが尻尾をくねらせるように泳ぐ光景にいていると思います。しかし私も最初網膜の下を走る血流で刺激を受けて光が見えるのかと思っていましたがよく観察していると万華鏡を覗くように対照的にその動きが見えていて、タイムラグが出来ずに動いているのを考えると、光そのものはタキオン粒子が網膜を刺激して光っているだけで、やはり何らかの宇宙から降り注ぐ粒子が媒質のエーテルの中空糸膜のような構造を浮かびあがらせていて、慣性の法則を成立させているゼリーの水中に私達は生存していて気功は水中で水を押し出すと水圧を感じるように真空中であっても見えない水中にいるように氣のエネルギーで触れずに人を倒したりできるのかもしれません。地球上にいるとあらゆる粒子が星の中心に吸い込まれていこうとするので、物質は地面に押し付けられているものが重力だと信じていますので、見えない粒子が見えないエネルギー伝達させる媒質にぶつかり光って火花のように見えるものがプラーナなのかもしれません。プラーナは以前はかなり焦点を定めずに数分間空を眺めなければ見えませんでしたが、最近はすぐに見えるので気づける人も増えてきたのだと想像します。昔より夜目を閉じても暗く感じないのはまぶたを透過するタキオン粒子のような素粒子がかすかな刺激を与えて闇ではなくなっているように感じます。なので部屋の中であっても見えやすくなってきたということはフォトンの速度が速くなってきているのかもしれません。フォトンは私たちには見えなくて、光子(フォトン)と呼ばれていたのは実は素粒子が出した火花のタキオン粒子を明かりと感じていたに過ぎないと信じています。これは夢物語だと思っていただければ良いと思いますが、光はそもそも自然界に存在せず、秒速30万キロで進んでいると信じられてきたのは網膜に刺激を与えた秒速30万キロ以上で届いた粒子を脳が処理する時間だったということだと信じています。目のレンズが速度を調節し、神経伝達して脳内で光や色を作って見えたところまでの時間が光の速度だったのだと人類が知ることができるのもそう遠くないように感じています。脳にすでにストックされたものを秒速30万キロという再生装置で再生できたものが見えたといっているようなものだと想像します。
回答日時:2010/4/12 06:24:43

質問した人からのコメント
みなさん
回答ありがとうございました。プラーナというんですね。スピリチュアルな世界を最近意識しはじめてから見え出したので気になってました。特別ではなく誰にでも見えるようなのでとても安心しました。
コメント日時:2010/4/12 11:45:36

ベストアンサー以外の回答
(3件中1~3件) chonmori_chororiさん
天気の良い日に空を眺めていると見えますね。規則的な動きなので自分の内側のものだと思います。やがて薄暗い所に行くと、眉間に白いオーロラみたいなものがフワッフワッと視えたりします。更に視覚トレーニングしながら深いα派が持続するようになると、いろいろと視えてきます。ただし危険も伴いますので、氏神様や崇敬神様に参拝して神札を祀るのが良いでしょう。
回答日時:2010/4/12 08:55:11

kotorikotorikotori123さん
「プラーナ」ですね。スピリチュアルの世界では、結構名の知られた宇宙エネルギーです。人も生物もこのエネルギーによって生命を完全な状態に保つことが出来る、と言われています。天気の良い日とか空気が綺麗な場所では、より肉眼で見えやすいみたいです(^-^)『プラーナ見える』で検索するときっと色々情報が得られると思います。
回答日時:2010/4/12 05:18:25

cecil_scott_foresterさん
見えます。プラーナなどと呼ばれているようですが、しかしそれは全く心霊的なものではありません。その模様の流れている場所のどれか一つを選んでその同じ部分をずっと観察し続けると、その模様が全く同じ軌道を描いていることが分かります。従ってそれは外部に存在しているのではなく、肉体の内部に存在しているものを見ていることが分かります。おそらくは網膜など視覚系のどこかの毛細血管を流れる血球などの動きを視神経が感知して視覚化しているのではないかと私は考えています。
回答日時:2010/4/12 02:44:01

関連記事
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。