何十億光年はたまたその先の100億光年以上の果てが鮮明にキャッチ撮影出来るのに何故月の詳細が判らない うほ速

基本的に宇宙やばい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

何十億光年はたまたその先の100億光年以上の果てが鮮明にキャッチ撮影出来るのに何故月の詳細が判らない


nikoukyoさん
先日NHKでハップル宇宙望遠鏡と原始宇宙のタイトルで放送が有りましたが小6の孫息子の疑問に答えられないで困っています。その問いとは・・何十億光年はたまたその先の100億光年以上の果てが鮮明にキャッチ撮影出来るのに何故月の詳細が判らないのか距離から言えば隣の家と月以上の距離があるのにと・・・また・・街の素人天文家が太陽系の新星・衛星を次々に発見できるのに何故って・・言われて見ればその通り答えに困窮しています。
補足
補足早速の回答有り難う御座います・・少し反論するようですが銀河星雲もさることながら数々の新星・生まれた星もキャッチされています・・例えばそれぞれ太陽の何億倍の大きさではないと思えますが?月が暗い??論外の回答をしないで欲しいですねえ。
質問日時:2010/4/12 13:35:26
解決日時:2010/4/12 17:54:15
回答数:5
閲覧数:46()

ベストアンサーに選ばれた回答
joker2310_01さん
「詳細」のレベルが違いすぎきるからです。100億光年先のものが詳細に見えているといっても、見えているのは銀河ですから、そのものの大きさが全く違いますよね。http://4d2u.nao.ac.jp/t/var/download/こちらのサイトからプログラムをダウンロードして一緒にご覧になると面白いと思いますよ。大きな範囲を見ようと思うとパソコンの処理能力が結構いりますが・・・-----昨日の放送を録画されていれば、良いのですが、星が生まれようとしているところ、死にゆくところが捉えられているのは我々天の川銀河の内部の話であったと思います。我々の銀河以外では、巨大な恒星が最後の時を迎えたときに起こる「超新星爆発」なら観測可能かもしれませんが。また、月に関しては地球から望遠鏡で見られる処についてはかなり詳しく研究されていますよ。地球からだと観測可能なのが一部分だけなので、月の裏側を緻密に観測するために、「かぐや」を打ち上げて観測を行いましたが。これは数センチの単位で、地表面を観測するものです。100億光年も先の映像だとせいぜい銀河の形と飛び抜けて明るい星が判別出来る程度でしょう。先程ご紹介したソフトで、どんなに宇宙が広く、地球が小さいのかを実感して見てください。
編集日時:2010/4/12 15:00:51
回答日時:2010/4/12 13:48:15



ベストアンサー以外の回答
(4件中1~4件) watasino_aozoraさん
そもそも、あなたの「詳細」の認識が間違っているために、答えに困窮するのです。100億光年以上の果ての詳細が鮮明に写っているわけではありません。直径約10万光年の銀河が何百個も入っている範囲の写真が鮮明になっただけです。その一見鮮明に見える写真の倍率で月を観測したとしても、数十Kmの範囲が点となるだけで、あなたの思っているほど鮮明ではありません。比べるスケールが違うのですよ。
編集日時:2010/4/12 17:49:41
回答日時:2010/4/12 17:40:27

b_fifty_oneさん
月面は、望遠鏡で観測できる範囲なら既に詳細に観測・分析できています。でも、地球からみえない面は探査機で出向かないと観測できないわけですし、地下にある氷の存在などについても望遠鏡ではとらえられませんよね。というか、地球の内部だってまだわからないことだらけなんですから。逆にいえば、遠くのものを見るだけなら、光をとらえられればそれで良いので、どちらかと言うとまだ簡単な部類なんです。地下など見えないものを観測するには、穴を掘ったり、実査にその星に出向いたりが必要なので、もっと大変なんですよ。たとえるなら、となりの家の庭は窓から見れば簡単にどうなっているかわかっても、家の中はどんなに高性能の望遠鏡でもわからないのと一緒ですね。>街の素人天文家が太陽系の新星・衛星を次々に発見アマチュアが発見しているのは、太陽系内でも数が多く大きさも小さい小惑星や彗星などですね。衛星レベルはさすがに国立天文台だなどが観測しつくしているので、アマチュア天文家が発見することはまずないでしょう。なぜ、彗星や小惑星などはアマチュアが発見したりしているのかと言えば、それはひとえに「数が多いから」です。国立天文台やハッブルなどは、研究目的に応じて限られたポイントを入念に観測するというパターンがメインになっています。もちろん、地球近傍小惑星探査プロジェクトなどもあるので、全天をぼんやり観測している望遠鏡もあるでしょうけど、どっちにしも大量に映る星星の中から「どれが未発見の小惑星・彗星なのか」を探し出さないとだめですね。そのためには人力も必要になってきます。アマチュアが発見する余地が出てくるのは、たまたま目星を付けた星が国家機関などでトレースされていないものだった場合です。TV局が取材しないような事件でも、たとえば貴方の目の前でたまたま起これば、貴方はTV局慮よりも先にその動画や情報を公開できる可能性がありますよね。そんな感じで、運が良ければそういうこともあるわけです。
回答日時:2010/4/12 16:05:26

ryu567rszさん
私も昨日見ました。131億光年の星が発見されるなんてすごいですよね。月は今かなり詳細がわかりかけているそうです。わずかながら大気もあり、月探索船『かぐや』が月の裏側にも行ってわずかな岩石を採取して研究するそうです。行ったといっても二分程度みたいらしいですが。(採取目的なので)採取したものから地球が誕生した経緯などがわかるらしいですが凡人の私にはどうしてわかるのかは解りませんけど。少しずつわかるようがロマンがあっていいですね
回答日時:2010/4/12 15:23:36

last_risottoさん
月明かりがおぼろだからですっ。きっ、狐が嫁入りするくらいですから、強烈な恒星の光とは柔らかさが違うからですっノシノシ(補)「暗い」などと一言も言ってないねぇ。おぼろで、柔らかいと言ってるのです。おまえにはニュアンスの違いを解する心はないみたい。ムダな時間でしたっノシノシ
編集日時:2010/4/12 14:39:42
回答日時:2010/4/12 13:41:34

カテゴリ教養と学問、サイエンス天気、天文、宇宙気象、天気予報天文、宇宙[一覧]Yahoo!JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。話題のキーワード人工衛星地球宇宙開発宇宙飛行士惑星生命の起源衛星飛来ドッキングnasa[カテゴリ:天文、宇宙]違いがわかる知恵袋「スペースシャトル」と「ソユーズ」の違い「新暦」と「旧暦」の違い「体積」と「質量」の違い[カテゴリ:天文、宇宙]ただいまの回答者20時50分現在3147人が回答!!1時間以内に6,261件の回答が寄せられています。プライバシーポリシー-利用規約-ガイドライン-ヘルプ・お問い合わせCopyright(C)2010YahooJapanCorporation.AllRightsReserved.
関連記事
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。