地球人を除いて宇宙人って何パーセントいるの うほ速

基本的に宇宙やばい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

地球人を除いて宇宙人って何パーセントいるの


rrcgt719さん
地球人を除いて宇宙人って何パーセントいるの
質問日時:2010/4/11 22:46:17
解決日時:2010/4/12 15:51:21
回答数:5
閲覧数:35()

ベストアンサーに選ばれた回答
mmlerryさん
宇宙人が存在するかどうかの確率でよろしいんでしょうか?とてつもなく広い宇宙で、奇跡の星が地球だけというのは私はとうていてい思えません。100%宇宙人はいると思います。
回答日時:2010/4/11 22:53:46

質問した人からのコメント
なぜか短い文面だけど納得です
コメント日時:2010/4/12 15:51:21

ベストアンサー以外の回答
(4件中1~4件) superyasaijin_hiroさん
・米国の天文学者フランク・ドレイクによるドレイク方程式提唱者のドレイク自身は、方程式発表時に知的生命体の数N=10*0.5*2*1*0.01*0.01*10=0.01と見積もった。N=R*・fp・ne・fl・fi・fc・LR*:この銀河系で年間に誕生する恒星の数fp:その恒星が惑星を持つようになる確率ne:それらの中で生命の発生し得る条件を備えた惑星の数fl:その惑星に実際に生命が発生し得る確率fi:その生命が知性を持つに至る確率fc:彼らが実際に恒星間通信を行なうまでに進歩する確率L:その文明の寿命N:我々の銀河系に存在し、我々と電波交信を行うことができる知的生命体の数仮に、人類が100万年続くとすると結果もおおよそ100万になるんだって。直径9万光年、厚さ平均2万光年の銀河系に100万の知的生命体の存在する星が均等に分布しているとすると、それぞれの星の間の平均距離はおおよそ500光年程度となる。知的生命の存在する惑星が100万個に達するという楽観的な予測に従ったとしても、隣人に会うためには光の速さで500年もかかる。↓参照http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20070425/1177594312
編集日時:2010/4/12 13:27:38
回答日時:2010/4/12 13:26:27

yong_e_panさん
誰も見たことがありません。地球人から見ればゼロです。
回答日時:2010/4/12 10:24:02

txr002_sinyaさん
>>「他星人が存在することを証明する方程式」そんなものありませんw漫画家なんかの読み過ぎです(^^だいたい「他星人」ってなんですか?「たせいじん」ってパソコンで打っても変換しませんよw地球外の人間の場合は「異星人(いせいじん)」といいます。回答を科学的にすれば、「不明」です。今まで異星人も宇宙人も存在が確認されたことは一度もなく、今までの宇宙観測でも宇宙人のいる証拠は何一つ見つかっていません。このような場合、科学的には「宇宙人はいない」とします。0を分子にした割り算をしても0です。それは数学上の決まりですから。可能性ならありますが、可能性は割合ではありません。「50%の可能性がある」と言う事は「50%の確率で存在する」という意味ではないのです。
回答日時:2010/4/12 08:00:18

gomiyasikihageさん
なんだか、「他星人が存在することを証明する方程式」なるものが存在するらしいですよ。それによると、99,98%いるらしいです。
回答日時:2010/4/12 00:35:11

関連記事
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。