俺達のNASA、深宇宙ネットワークの新アンテナをオーストラリアに建設 撮影写真が楽しそう うほ速

基本的に宇宙やばい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

俺達のNASA、深宇宙ネットワークの新アンテナをオーストラリアに建設 撮影写真が楽しそう


1 : 額縁(石川県):2010/02/28(日) 08:59:18.40 ID:/rSKxeao ?BRZ(10780)

NASA、深宇宙ネットワークの新アンテナを豪州に建設


オーストラリア・キャンベラ市の郊外で24日、
米航空宇宙局(NASA)の関係者らが鍬入れ式を行った。
ここには直径34メートルのパラボラアンテナが建設される。

NASAは、惑星探査機など長距離を飛行する衛星との交信のため、
「深宇宙ネットワーク(DSN)」(Deep Space Network)を運用している。
地球の自転に無関係に任意の探査機を狙えるよう、
ゴールドストーン(カリフォルニア)、マドリッド(スペイン)、
そしてキャンベラの3ヶ所に大型パラボラアンテナ群を配備し、運用を続けている。

キャンベラは1965年3月の開局以来、増強が続けられ、
現在は4基の大型パラボラが運用されている。
その中でも最大の直径70メートル鏡は老朽化が進んだため廃棄され、
これから建設される34メートル鏡がそれにとって代わることになる。
2018年までの竣工が予定されている。

口径は小さくなるが次世代型の最新受信機を備えており、
高性能化するのは言うまでもない。NASAの探査機は近年、
観測データの大容量化が進んでおり、それに対応するものとなる。
メンテナンスの負担も軽減され、維持費も抑えられると期待されている。

ちなみに、3ヶ所に1基ずつある70メートル鏡は、2025年までに全て置き換えられる予定である。

http://www.jpl.nasa.gov/images/dsn/20100225/dsn20100225-browse.jpg
http://www.sorae.jp/newsimg10/0226DSN_camberra2.jpg

http://news.ameba.jp/sorae/2010/02/58716.html


関連記事
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。